沿革 img

興國高等学校の沿革

本校は、21世紀に入って大きな改革に取り組んできました。普通科にアドバンスコースを新設した2001年のカリキュラムの改編がきっかけとなり、「オンリーワン教育」が一気に加速、多くの教育プログラムが生まれています。
創立から90年を迎え、長い歴史と伝統に培われた興國精神と、近代的なカリキュラムが融合し、今後ますます注目を集める私学として発展して参ります。

大正15年3月 興國商業学校が大阪市福島区に誕生
昭和23年4月 興國商業高等学校となり、中学校を併設
昭和24年12月 現在の大阪市天王寺区寺田町に移転
昭和36年6月 興國高等学校に校名変更
昭和43年8月 第50回全国高等学校野球選手権大会優勝
平成12年6月 建学の精神を引き継ぎ、「オンリーワン教育」をモットーに生徒一人ひとりを活かす学園改革に着手
平成13年4月 普通科にアドバンスコースを設置、商業科を時代を先取りしたITビジネス科に改称
平成15年4月 8階建て新校舎を竣工
平成16年4月 公務員・保育士を目指すキャリアトライコースを新設
平成17年7月 私学先導的モデル校の指定を受ける
平成17年8月 ボクシング部全国高校総体 優勝
平成18年3月 創立80周年を迎える 
平成20年4月 トップアスリートと有名大学進学を目指すAA(アスリートアドバンスコース)を新設
平成21年3月 職業教育アセスメントプログラムのモデル校の指定を受ける
平成23年5月 「実践的キャリア教育・職業教育」支援事業推進校の指定を受ける
平成24年3月 興國学園総合グラウンドにクラブロッジ、バックスタンドを建築し
KOKOKUアスリートキャンパスが完成
平成25年3月 KOKOKUオンリーワンキャンパス取得
平成25年4月 普通科スーパーアドバンスクラス本格始動
平成26年1月 KOKOKU ONLY ONE キャンパス開校
平成27年4月 スタンダードコースを進学スタンダードコースに改称
平成27年12月 新西館ウエストタワー竣工
平成28年3月 創立90周年を迎える
平成29年4月 進学アカデミアコースを新設
平成29年5月 新アリーナ竣工予定

※今日までの卒業生は約3万人 幾多の人材を経済界はもとより各界に送り出しています。

フォトグラフィ

昭和2年当時の校舎
昭和10年当時の校舎
昭和26年当時の校舎
昭和33年当時の校舎
昭和37年当時の校舎
高校野球全国制覇
深紅の優勝旗
現在の校舎
オンリーワンキャンパス
講堂兼体育館となる新アリーナ(2017年5月竣工予定)
エントランス
図書館
アメニティーホール"Oak1(オーク・ワン)"